パーカー コーデ

シャツと合わせるパーカースタイル

パーカーと言えばカジュアルなアメカジ系のコーディネートを想像する人が多いと思いますが、パーカーは、実はどんなスタイルにも対応できる万能アイテム。

 

大きめパーカーとデニムの法則をほんの少し変えてみれば、いつもと違うコーディネートを完成させることができます。パーカーと合わせるアイテムのオススメは、なんと言ってもシャツ。

 

パーカーとシャツを合わせることによって、そして少しきれいめなスタイル、キレカジにも変身できます。シンプルなパーカーであれば、インナーシャツの柄はあまり気にしなくても大丈夫。

 

ボトムはきれいめのスリムパンツだと、きれいめカジュアルがアップしそう。もちろんデニムでもOKなので、なりたいイメージで選んでみてください。

 

 

チェックシャツをきかせて

どんなコーディネートにも着回しやすい、とっても爽やかでシンプルなパーカー。そんなパーカーには、チェックのシャツでインパクトを。チェックシャツは、それだけで主役級の存在感。だからこそ、パーカーをシンプルにすることで、バランスの良い着こなしができます。ボトムはカジュアルにデニムを。チェックにデニムの王道スタイルです。

 

 

スエットパーカーで休日風

スエット素材で、リラックスできるパーカー。トリコロール柄のパイピングや、袖の折り返しのストライプなど、隠し技がいっぱい。

 

そんなパーカーには、デニムのパーカーを合わせて、カジュアルな中にもきちんと感を。ポイントとして、デニムに映えるタイも合わせると、個性的なスタイルの完成です。ボトムは少し遊び心のあるサルエルチノを合わせて、トップスとのバランスをとって。

 

 

ホワイトシャツを爽やかに

真っ白なホワイトシャツ。シンプルなホワイトシャツには、ちょっと技ありパーカーを。このパーカーはフードの部分がダブルパーカーになっている変わったデザイン。

 

ポケットの部分、ジップアップ部分のパイピングなど、裏生地に異なる色を使用しています。シンプルなようでそうでないクセ者パーカーを、ホワイトのシャツが爽やかにまとめてくれます。足元も白でまとめて統一感を出して。

 

 

少し着崩したパーカースタイル

強めのブラックのパーカーは、裏地がドット柄になっている少しかわいい感じ。その黒を中和させるのは、わざとシワ加工されたチェックシャツを合わせてみて。

 

ボトムはチノを合わせますが、あえてクロップドを選んでみましょう。足元にブーツを合わせれば、ラフに着崩した感じを演出しながら、おしゃれ感はそのままです。