パーカー コーデ

カットソーと合わせるパーカースタイル

基本的にパーカーは、なんにでも合わせやすい万能アイテム。シャツスタイルはもちろん、カットソーにもばっちり似合います。首元をスッキリと見せてくれるカットソーは、どんな人にも合わせやすいと思います。

 

さらりとカットソーを羽織れば、色々な雰囲気を演出することができますね。こんな感じのニットパーカーはどうでしょう。爽やかでやわらかい感じのニットパーカーは、同じくニット素材のカットソーでまとめて。

 

ボーダー柄がちょっぴりかわいいので、ボトムはワンウォッシュデニムでキリリとしめてあげてください。

 

個性的なモッズジャケットパーカー

こんな主役のモッズジャケットパーカーは、インナーはシンプルにまとめると失敗はありません。

 

特にこのモッズパーカーは印象的なレッド。一目をひくパーカースタイルには、体にフィットしたシンプルなものを。インナーがシンプルな分、ボトムには少し遊び心をプラス。

 

デニムでありながら、カーゴタイプのボトムを選びました。

 

ピンクパーカーで大人のかわいらしさを

シンプルでベーシックな着やすさ抜群のジップアップパーカー。

 

こんなベーシックパーカーは、あえてグレーや黒、白などの基本色以外の色をセレクト。淡いピンクのパーカーが、大人かわいさを見せてくれます。淡い色なので、インナーは濃い目のしめ色カットソーを選んで。

 

パーカーの前はしめず、縦のラインを強調してくださいね。

 

ボーダーで大人マリン

シンプルで着まわしやすいパーカーは、こんなボーダーカットソーに合わせてみましょう。

 

流行のマリンスタイルが簡単に出来上がります。ボトムはデニムでもバッチリですが、あえてクロップドのチノを。足元はブーツでも良いですが、スニーカーでもかわいく素敵に仕上がります。

 

インナーをボーダーにするだけで、がらりと印象を変えることができますので、ぜひ挑戦してみて。

 

7分丈パーカーをオフスタイルで

涼しげで爽やかな7分丈のパーカー。インナーもパーカーの邪魔をしないように7分丈で合わせて。

 

このパーカーはシンプルに見えて、裏地や裾にチラリとボーダーが隠されています。ボトムはデニム、そして足元はサンダルにして、大人のオフ、休日スタイルに仕上げて。

 

足元のサンダルは黒ではなく、ブラウンを選ぶのがポイント。軽く仕上げてほしいですね。