パーカー コーデ

最強!デニムとパーカーのコーディネート

パーカーは基本的にどんなボトムにも似合います。素材やラインなどによって、がらりとイメージを変えることができるのはとても便利。

 

きれいめスタイルからアメカジスタイルまで、幅広く着まわせるパーカーですが、やはりデニムとの組み合わせが最強。デニムとの組み合わせは、失敗のしようがなく、カッコよく見える相性抜群のアイテムたち。そんなパーカーとデニムとのゴールデンラインはボトムだけでなく、デニムシャツにも言えるようです。

 

こんな裏地がチェックのブラックパーカー。ボトムもチェックで、チェックオンチェックのとっても難しいコーディネート。そこにこんなケミカルウォッシュのデニムシャツを合わせることによって、チェックをうまくなじませてくれます。上級者コーデに挑戦してみて。

 

シンプルイズベスト

とってもシンプルなダブルジップパーカー。シンプルな中にもこだわりのデザインも散りばめられています。まずは大きなカンガルーポケットもその一つ。

 

そんなパーカーには、わざと色落ちさせたユーズド加工させたストレートデニムがお似合い。大人の抜け感を演出することができます。

 

ブラックデニムでスマートに

まだ肌寒い季節にピッタリの細身シルエットのパーカー。一見定番のパーカーに見えますが、とってもきれいなラインがポイント。スタンドフードカラーと太めのドローコードがスマートさを強調。

 

そんなパーカーには、ブラックデニムを合わせてみて。カラーはバーガンディーを。周囲に差をつけましょう。

 

プルパーカーをシャツをインにして

グレーのプルパーカーをデニムに合わせるのは、アメカジの鉄板コーデ。そこにシャツをインすることによって、少し違った印象に仕上げることができます。

 

1枚で着てもとてもカッコイイのに、あえてのシャツは上級者テク。しかもプルパーカーに合わせるのがミソですよ。デニムはどんなものでもバッチリ。写真では足元はデザインブーツですが、スニーカーでもOK。

 

シャンブレーパーカーを夏まで着まわす

シャンブレー素材のシャツパーカーはとっても爽やかなイメージ。ここではやわらかなベージュを選んで。スタンドカラーやトリコロールのステッチ、デザインポケットなどがおしゃれですね。

 

そんなシャツパーカーには、ユーズド加工を施したストレートデニムがぴったり。パーカーの前を開けて涼しげに着こなして。アクセサリーのポイント使いもオススメです。