パーカー コーデ

パーカーでキレカジコーディネート

パーカーと言えばアメカジスタイルの王道スタイル。そんなパーカーも多種多様なデザインが出てきました。オススメは、パーカーで作るきれいめなスタイル。

 

キレカジコーデできめてみましょう。ジーンズスタイルでもキレカジは作れますし、あまり深く考えず、自由に楽しんでコーディネートしてみましょう。シルエットはあまり太くなく、スッキリとした細身のラインの方が、キレカジ風に見えると思います。

 

例えばこんな感じに、パーカーにシャツを重ねて、パーカーはトグルボタンでマリン風。そこにデザインシャツですっきり。ボトムはベージュのブーツカットパンツで、ラインを重要視。きれいにまとめることができます。

 

ユーズド感を出しながらもきれいにまとめる

綿100%のデニムパーカー。インディゴではなく、ここはあえて淡いグリーンを選択。爽やかさの中に、ビンテージ風のヌケ感を楽しむことができます。

 

ボタンダウンシャツをインにして。ボトムはチノパンを。少し光沢のあるタイトなシルエットのチノは、美脚効果抜群。上半身が淡い分、濃いネイビーで引き締めることを忘れずに。

 

ヘンプコットンのプルオーバーパーカーで差をつける

ヘンプコットンとは、麻と木綿を混ぜ、ナチュラルな質感を出した生地のこと。このヘンプコットンを使用したプルオーバーパーカー。

 

ボリュームネックのデザインのために、1枚で着てもさまになるパーカーですね。ボトムはあえてカーゴパンツをセレクト。カラーはブラックでしめて、キレカジスタイルを強調してください。

 

フェイクドットパーカーをロールアップデニムで

まるで重ね着をしているかのような、フェイクパーカー。ドット柄がかわいい1枚です。ブラックのカラーが強いので、淡いピンクのシャツで中和して。

 

ボトムはデニムをロールアップして、きれいにみせることが大切。足元はデザインシューズでまとめて。カジュアルで爽やかなコーディネートが完成します。

 

パーカーとタイの組み合わせ

ビッグボタンのリラックスできるパーカー。伸縮性や肌触りが最高の1枚です。トリコロールのパイピングや、裏地のかわいいデザイン性の高いこんなパーカーには、シャツにタイを合わせて印象的に。

 

ボトムのデニムは、ビンテージ風だけど、細身のストレッチデニムを選んで一体感を。どこか少年っぽさを感じさせるスタイルです。